はじめに

こんばんは。WordPressテーマ「メシオプレス」販売者のめしおと申します。2008年8月からWordPressを使ったブログ・サイトを運営しているアフィリエイターです。WordPress利用歴は12年です。

その経験を活かして、2012年5月にシリーズ第一弾となるブログ用WordPressテーマ「メシオプレス01」をリリースしました。

当時では珍しかった、1つのテーマで複数のレイアウトに切り替えできたり、国内の有料WordPressテーマで初めて「ショートコード」を実装した画期的なブログ用のテーマでした。(その後、メシオプレス03に機能が引き継がれています)

メシオプレス01の発売後、1年6ヶ月という膨大な時間を費やして制作したのが、サイト用の高機能WordPressテーマ「メシオプレス02」です。ブログではなくて「サイト」制作に特化したテーマです。

「サイトアフィリエイト用のWordPressテーマなら、メシオプレス02が最強」と言っていただく人も出るくらいサイト運営に特化していました。2013年12月~2018年12月まで、5年に渡ってバージョンアップを繰り返して、進化し続けました。

そんなメシオプレス02が発売から5年の時を経て、基幹デザイン・サイト構造ごとフルリニューアル。さらにパワーアップして、2019年8月に「メシオプレス04」として一般販売を開始しました。(2019年9月04日/最新版ver.1.1.3リリース)

このページでは、新時代の到来に合わせてフルモデルチェンジしたWordPressテーマ「メシオプレス04」の基本コンセプトから、各種デモサイト、主な特長、よくある質問をまとめています。

それでは、まずはメシオプレス04の基本コンセプトからお話しします。

メシオプレス04の基本コンセプト

CONCEPT

前身のメシオプレス「02」は、2012年の夏頃に制作を開始しました。2012年当時のデザインがベースになっています。

日進月歩のWEB業界において、さすがに7年以上前のデザインだと「古臭い」「ダサい」と言われてしまうのも仕方ないです。デザインのフルリニューアルが必要と考えました。

メシオプレスシリーズの基本コンセプトである、

結果を出すサイトにするには、おしゃれなデザインかどうかは重要ではない。読みやすくて、見やすくて、わかりやすくて、使いやすい、シンプルなデザインであることが重要」

を引き継ぎながらも、今風のWEBデザイン(フルHD対応のヒーローイメージ、説明文付きの見出しなど)を取り入れました。

制作事例(デモサイト)

DEMO

今ご覧いただいているページは、メシオプレス04の機能を全部載せしたデモサイトのLP機能で作ったページです。機能全部載せのデモサイト本体は下記よりご確認ください。

それ以外にも、メシオプレス04を使うと、こんなサイトが作れます。

いずれも、デフォルトで備わっている機能しか使っていません。
想定している使用例としては、

  • アフィリエイトサイト
  • AdSenseサイト
  • ニュースサイト(構造化データ対応済み)
  • コーポレートサイト
  • 実店舗の集客用ホームページ
  • LP(ランディングページ)

など、1つのテーマで幅広いサイト制作に対応しています。

メシオプレス04の特長

FEATURES

メシオプレス04は、2013年12月の発売開始から機能追加・仕様改善を繰り返してきたメシオプレス02(完全体)の基本的な機能はそのまま引き継がれています。

02をベースに新たに機能・仕様を57個も上乗せしていますので、すべて詳細に紹介すると、とんでもないボリュームになります。

そこで、まずはメシオプレス04の「特長」となり得る部分を10個ピックアップしてご紹介していきます。

01.

1秒で惹きつける

メシオプレス04では、ヒーローイメージを「トップページ」と「LP(ランディングページ)に採用しました。

ヒーローイメージとは、画面全体に画像を表示する訴求方法です。国内では2015年あたりから採用するサイトが増えてきました。視覚的なインパクトが強いので、読者を一瞬でサイトの世界に引き込みます。

メシオプレス04では画像や動画はもちろん、文字のみでも訴求できる「暗転手法」を採用しました。暗転手法は私が勝手に名付けたものですが、他業界のコンテンツ制作ではよく採用されている、見る者を1秒で惹きつけるコンテンツの魅せ方です。(暗転手法の実例

他業界の人気コンテンツには使われているのに、個人レベルのWEBサイトで使われているのはほぼ見かけません。なぜなら、専門的なWEB制作の知識や技術を持った人でないとWEB上での再現が難しかったからです。

ですが、メシオプレス04を使えば、個人レベルでは難しかった暗転手法を自分のサイトにカンタンに取り入れることができます。しかも、トップページだけではなくて、注目させたい記事(LP)にもいくつでも取り入れられます。

02.

読みたい記事を探しやすい
SEO効果も

メシオプレス04は、運営者の最新記事を読みたい人が集まるブログではなくて、運営ジャンルの情報を読みたい人が集まる「サイト」制作に特化したWordPressテーマです。サイト名での指名検索が増えるように、ブランド力のあるサイトを作り込んでいきます。

サイトの規模が大きくなるほど、トップページにアクセスしたユーザーのニーズは多岐に渡りますので、運営者の都合で書かれた新着記事が読みたい人ばかりではありません。

そこで、トップページに最新記事が並ぶブログ仕様ではなくて、カテゴリーや過去記事を分類して、トップページがサイト全体の目次のような役割を果たせるウィジェットを充実させました。ユーザーが目当ての情報にたどり着けるようにわかりやすく整理して表示できます。

結果的に、より多くのページがトップページからリンクされることで、SEOにとって重要な「リンク階層(トップページから何回のクリックで到達できるか)」効果を高めることにつながります。

03.

使いやすくて、見つけやすい

ファーストビューにはサイト内検索ボックスも配置できます。ユーザーは探している情報に最短ルートでアクセスできますので、使いやすくてユーザビリティの高いサイトになります。

また、Google Analyticsを導入していれば、検索ボックスが利用されるたびに、検索ボックスに打ち込まれたキーワードデータが蓄積されていきます(蓄積するための設定は必要。30秒で設定できます)。

検索ボックスに打ち込まれたキーワードは、海外のキーワード調査ツールを使っても、ライバルは知ることができません。サイト運営者にとっても、本当に需要の高いキーワードを見つけやすいサイトになります。

04.

検索エンジンに
もっとやさしい構造へ

メシオプレス03までは、記事とパンくずの構造化データのマークアップ(3つ)に対応していました。メシオプレス04ではGoogleの方針に従って、できる限りの構造化データのマークアップに拡充しました。

構造化データは何でもかんでもマークアップすればいいのではありません。メシオプレス04では、HTMLとの組み合わせに向いていないWPHeader、WPFooter、WPSideBarや、古いフォーマットであるhcard、hentyを排除しました。

現段階で、「Google推奨のもの」+「確実に正しいと思われるもの」を調べ上げて、厳選した9個をマークアップしています。

今のGoogleは、適切な構造化データを使っているからと言って、「SEOに強い」などと言えるものではありません。昔は「○○テンプレートはSEOに強い」などと言われる時代もありましたが、もうテンプレート構造でSEOに差が出る時代ではなくなりました。

ですが、Googleがコンテンツの中身を深く理解する手助けとなる構造でサイトを作っておけば、将来的にSEO面でも有利に働く可能性を秘めています。

05.

ランキング調整もカンタンに

サイトアフィリエイトに欠かせない「ランキング」も、専用のランキング作成ツールで直感操作で作ることができます。

特別単価の交渉、単価アップ・ダウン、期間限定キャンペーンなどで、ランキングの順位を変えたいときも、管理画面で「ランクの上げ↑下げ↓」ボタンを押すだけで、並び替えが反映されます。

「記事Aと記事Bでは、ランキングの順位を変えたい」という場合も、記事Aのランキング設定を1クリックで複製して、ランクの上げ下げボタンを押すだけで、記事B用のランキングができあがります。時間にしてわずか10秒です。

ボタンカラーや、配置の縦並び・横並び、さらにはサイトの雰囲気を左右するランキングの王冠画像も、管理画面からカンタンに変更できます。

06.

パッと見で判断できる
比較表

もうひとつ、サイトアフィリエイトに欠かせない「比較表(テーブル)」は、豊富なデザインパターンを用意しました。

見出しカラーを変更できるのはもちろん、横線のみ、縦線のみ、外枠のみ、枠線なしのテーブルなど、比較内容に応じた枠線の表示に変更できます。もちろん、これらの表示スタイルは、設置したテーブルごとに個別に適用できます

スマホ表示の場合は、通常本文よりも文字を小さくして一覧性を高めたテーブル、本文と同じサイズのテーブル、PC表示のままでスクロール表示のテーブルの3パターンから選ぶことができます。

さらに、テーブル内に表示するテーブル専用ボタンや、どんな解像度でもボヤけない○×△の装飾文字もご用意。

パッと見で判断できるわかりやすい比較表は、訪問ユーザーの理解を助ける強力なパーツとなります。

07.

わかりやすい導線で
おもてなし

メシオプレス04では、スマホのフッターに固定表示するナビゲーションバー(ホームボタンやメニューボタンなどを表示する)を排除しました。あれは「操作」が前提のアプリのためにあるものです。

WEBサイトの固定フッターで示すべきものは、「並んでいるボタンの中から好きなものを選んでください」ではありません。「次はここに移動してください」と、運営者側で動線をコントロールして、迷子にならないように導いてあげることです。

メシオプレス04では「固定フッター」として、PCサイトも含めて任意のバナー画像、ショートコードのボタン、テキストリンクなどを記事ごとに自由に設置できます。

集客記事には成約記事の誘導ボタン、成約記事にはアフィリエイトリンクボタンなど、ユーザーが次の目的地へ迷わず辿り着けるように、おもてなしをしてあげることが可能です。

08.

写真重視でも
タイトル重視でも

最近は、記事一覧をカード型で並べるサイト(ブログ)が増えています。写真自体がコンテンツになっているサイトや、アイキャッチを作り込んでいる場合に有効なレイアウトです。

ですが、見た目のおしゃれ感だけで、記事に関係のない画像をアイキャッチとして並べてしまうと、恐ろしいほど記事タイトルの内容が頭に入ってきません。せっかく魅力的なタイトルを付けていても、関係のない画像に目が奪われてしまっては台無しです。

そこで、メシオプレス04では、写真(画像)をアピールしたい場合カード型で、タイトルをアピールしたい場合はリスト型で、といったようにサイト内容に応じたレイアウトで記事を並べられるようにしました。

09.

まとめページの作り込みにも

カテゴリーページに固定ページを割り当てて、固定ページで作り込んだ内容をカテゴリーページとして使うことができます。

これは、カテゴリーページに説明・編集機能を付け加えた程度ではありません。カテゴリーページをフルカスタマイズできてしまうのです。最新の記事から並んでしまう標準のカテゴリーページはなくて、ユーザーが読むべき順番で記事をまとめた「まとめページ」を作ることができます。

作ったまとめページはカテゴリーページに置き換えられますので、まとめページの下に投稿記事がぶら下がる階層構造になります。投稿記事のSEOパワーがまとめページに集約されるため、まとめページで検索上位表示を狙うことが可能になります。

10.

本格的なLPも作り放題

LP(ランディングページ)もサイト内に好きなだけ設置できます。メシオプレス04のLPは、専用のLP作成エディタを使って本格的な作り込みができます。単なる固定ページ1カラムを「LP」と呼んでいるレベルではありません

今ご覧いただいている当ページのように、ヒーローイメージを使ったファーストビュー、画面幅いっぱいに広がるヒーローボックス、LP専用の特集ボックスを設置できます。

コンテンツエリアの背景色も、見出しのカラーやデザインも、サイト全体とは別に設定できます。訴求したい商品やサービスのカラーに合わせた専用LPを用意することで、通常の記事よりも訴求力を高めて、成約率も一段と引き上げます。

メシオプレス04でできること一覧

CAN DO

以上、10個の特長をピックアップしましたが、メシオプレス04でできることのごく一部です。メシオプレス02時代から続くバージョンアップで膨大な量になってしまいますが、メシオプレス04でできることを下記にまとめてみました。

サイト構築

  • ヒーローイメージ対応(ヘッダー透過、動画設置、サイズ調整、文字入れ、検索ボックス配置)
  • 縦型グローバルナビの固定配置
  • トップページ用の目次(カード表示、1列表示、2列表示、カテゴリーカラー反映)
  • 見出し説明文付きのテキストウィジェット
  • アイキャッチ付きのメニュー表示
  • 特定のカテゴリー記事を見ているときだけ表示されるコンテンツの設定
  • 指定した記事をピックアップして表示(長方形、正方形、リスト表示)
  • 指定したカテゴリーの記事をランダムに表示(長方形、正方形、リスト表示)
  • 新着記事はもちろん、更新記事も表示できる
  • 特集コーナー(特集枠)を設置。枠数4つ以上対応
  • 横並びのランキング(オリジナル王冠画像に変更)
  • 手動で順番を指定できる人気記事ランキング
  • 都道府県コンテンツの目次作成(アコーディオン)
  • ブログレイアウトへの切り替え対応
  • グローバルナビのドロップダウン、上部固定表示、カラー変更
  • カテゴリーラベルのカラー変更
  • フッターカラー変更、フッターナビ(プライバシーポリシー対応)
  • Retina対応の旧式ヘッダー画像対応
  • パンくずの先頭テキスト編集
  • 上へ戻るボタンをオリジナルに変更
  • デフォルトアイキャッチを一括でオリジナルに変更
  • ウィジェットの見出しデザイン変更(下線、ベタ塗り選択、中央寄せ、左寄せ)
  • 一覧ページのレイアウト変更(リスト表示、カード表示(正方形、長方形))
  • サイト内ブログ機能(すべての投稿記事を一覧で表示。見出し、説明文の変更可)
  • コピーライト設定(文言変更、開設年の自動更新)
  • 検索ボックスのプレースホルダ変更
  • 公開日、更新日の表示。表示位置の選択
  • 前後の記事(同一カテゴリー対応)の表示・非表示
  • アクセス解析の設定(head、body対応、自分のアクセス除外)
  • カテゴリー別に人気記事ランキングを表示
  • 記事下に表示させる関連記事(リスト型、正方形カード、長方形カード)
  • プロフィール表示ボックス
  • 新着コメントをアバター付きでピックアップ表示
  • 固定ページの親ページをカテゴリーページのように使う
  • リスト型簡易ランキング(ランキングリスト)
  • カスタム404ページ
  • LPに特徴説明ボックスを表示する(LP用特集枠)
  • 複数人でのサイト運営
  • この記事を書いた人の表示

記事作成

  • ヒーローボックス作成ツール
  • 現在の時刻に合わせて、表示テキストを変更する(挨拶文ショートコード)
  • 装飾ボックス(ウッドクリップ、クリップ、ダブルクリップ、マップピン、押しピン、セロテープ)
  • 写真装飾(影、ウッドクリップ、クリップ、ダブルクリップ、マップピン、押しピン、セロテープ)
  • レーティング機能付きのチェックボックス
  • 記事内の最初の画像をアイキャッチに自動設定
  • トップページ、個別ページの1カラム、2カラム選択、サイドバーの左右の一括変更
  • 1カラム幅のサイズ一括変更
  • h2見出しのデザイン変更(下線、テーマカラーベタ塗り、女性向け)
  • 標準ブログカードのOFF機能
  • 記事の目次設定(記事ごとに表示スタイル変更。プラグイン不要)
  • コメント欄のカスタマイズ、承認待ちメッセージを投稿者、閲覧者ごとに設定可
  • SNSボタン各種、誘導文、Facebook、TwitterのOGP設定
  • テーブルのデザインパターン(スクロール表示、縦見出しのみ、横見出しのみ、横線のみ、縦線のみ、外枠のみ、枠なし)
  • テーブル専用の「詳細へ」「公式HP」ボタン(長方形、正方形、カラー変更)、マルバツショートコード
  • 記事ごとに表示スタイル(OGP、広告、後半のサイト名、独自CSS、1カラム、2カラム、1カラム幅、固定ヘッダー、固定フッター)を設定
  • カテゴリーを2つ選択した記事で、パンくずに表示させたいカテゴリーを指定
  • ボックス(ノーマル、タイトルなし、楕円、囲み、タブ、Font Awesome対応)
  • Q&Aパーツ
  • チェックボックスリスト(ベタ塗り、白抜き)
  • ステップ、ポイント表示
  • 年齢表記の自動更新
  • 内部リンクにアイキャッチを表示する(投稿日、更新日、抜粋文、ラベル選択、タイトル編集)
  • テキストラベル(スモール、ノーマル)
  • PCだけ表示、スマホだけ表示のコンテンツ(PC・スマホ専用表示)
  • 吹き出し(枠カラー、背景カラー、吹き出し位置の左右、スマホで上下配置、画像丸抜き、画像サイズ変更)
  • iframeタグ埋め込み時のレスポンシブ
  • スマホでも画像横並びにする
  • dlタグを使った改定履歴表示
  • 段落調整クラス

利便性

  • オリジナルショートコード生成・管理ツール
  • 編集画面の折り返し位置が実際の記事と同じ(スマホの記事幅にも対応)

SEO

  • 厳選した9種類の構造化データマークアップに対応
  • カテゴリーページを固定ページで作り込める
  • Contact Form 7の読み込み制御機能

マネタイズ

  • アドセンス広告(h2見出し、記事下)
  • 記事下アドセンスの上に独自広告を挿入可能
  • 固定フッター(画像、テキスト、ショートコード対応、PC・スマホ別々に設定可)
  • ボタン(横並び、テキスト改行、幅指定、補足テキスト、アニメーション、改変禁止ASP対応)
  • 美容・健康商材向け丸型ボタン
  • LP作成ツール(ヒーローイメージ対応)
  • ランキング作成ツール(ランキングの順位変更は1クリックでOK、ボタン横並び、王冠画像変更)

各機能について詳しく知りたい場合は、「記事一覧」からすべての機能においてどんな効果があるのか、ひとつずつ確認できます。

よくある質問

FAQ

色々な機能が備わっているようですが、WordPress初心者でも問題なく使えますか?

完全初心者だと難しいです。

購入後にご利用いただける解説サイトでは、「メシオプレス04」の設定方法や使い方を解説しています。WordPressの基本的な使い方の解説はありませんし、サポート対象外です。そのため、WordPressでサイト(ブログ)運営をしたことがない、本当の初心者の場合は難しいと思います。

一方で、ブログやサイトをWordPressで運営した経験があるなら、問題なく使えるはずです。PHP、JavaScript、jQuery……そのような難しい知識やスキルは不要です。

ただ、WordPressとは直接関係ないですが、FTPソフトを使ってファイルのアップロードや削除ができるレベルの経験は必要です。

FTPソフトを使う機会はほぼないですが、「プラグインを更新したら画面が真っ白になって管理画面にログインできなくなった」みたいなトラブル時にFTPが使えないと、復旧が遅れてしまうからです。

ブログとして使うことはできないのですか?

使えます。サイト内ブログも可能です。

メシオプレス04は、あくまで「サイト用」として、サイト制作に特化したテーマですが、簡易的なブログとして使うこともできます。

ブログとして使う場合は「ばーちゃる脱毛」のようなレイアウトになります。このようなレイアウトでよければ、ブログ用としても問題なく使えてしまいます。記事の構造化データもブログ用の「BlogPosting」に変更することもできます。

また、「固定ページの親ページをカテゴリーページのように使う」機能を使って固定ページでサイトを作って、ブログ記事は「サイト内ブログ機能」で通常の投稿で作ると、サイト内にブログが存在するハイブリット型のサイトも作れます。

もちろん、サイトを作る場合でも「新着記事」や「更新(修正)記事」のお知らせをトップページに載せて、ブログのような役割を持たせることもできます。

他社のWordPressテーマとの違い何ですか?

販売者のスタンスが違います。

違いは2つあります。

1.販売者の価値観がテーマに反映されていること
一番の違いは、私が販売者であることです。販売者がめしおか、めしお以外か……というローランドみたいな理論です。

私は小学生のころから、祖母(※)に「あんたは我が強いねぇ」と言われるくらい、自分の意見を押し通す性格です。そのため、良くも悪くも私の経験に基づく思想や価値観がテーマに根強く反映されます。ここが一番の違いだと思います。

※)私は2歳のときに母親を亡くしているので、祖母が母親代わりとなって育てられました。

2.販売者が現役のプレイヤーであること
私は2008年5月にアフィリエイトを始めて、同年8月からWordPressを使い始めました。2008年からずっとプレイヤーとして活動しています。サイトアフィリエイトに舵を切ったのは2012年からです。

WordPressテーマ販売をメイン事業にしているのではなくて、サイト運営そのものをメイン事業にしています。そのため、聞きかじった情報ではなくて、現場の最前線で実際に使って得たリアルな経験・知見を、テーマに反映させていきます。

たとえば、構造化データのマークアップは厳選した9個のアイテムに対応していることをお伝えしましたが、この9個の組み合わせはメシオプレス04独自のものです。

WordPressはオープンソースなので、簡単に模倣できてしまいます。「他社もやっているからうちも」みたいな機能の追加合戦になりがちです。ですが、販売者の立ち位置で、テーマの方向性や力の入れどころが変わっていきます。

メシオプレス04のデメリットを教えてください。

デメリットは次の2つです。

普通、こういったデメリットは、「メリットの裏返し」を書いてごまかすのが鉄則です。ですが、何でも正直に書いてしまう私は本当にデメリットをお伝えします。下記の2つです。

デメリット1:おしゃれなサイトは作れません。

メシオプレス04に限らず、メシオプレスシリーズ共通ですが、「おしゃれなサイト」は作れません。WEBデザイナーではなくて、アフィリエイター視点で作っていますので、「マーケティング」や「セールス」に重視を置いている人に向けたデザインになっています。

パララックスなども採用しないで、あえて「素人感」「手作り感」を残したシンプルなデザインを意識しています。デザイン性を高くし過ぎてしまうと、「業者感」が出て成約率が下がってしまうことは現役のアフィリエイターなら周知のとおりです。

メシオプレスで重視しているのはオシャレなデザインではなくて、UX(ユーザーエクスペリエンス)の原則に沿った「一貫性」「わかりやすさ」「読みやすさ」「使いやすさ」を優先しています。

デメリット2:販売者のクセがすごいです。

下の動画でもお伝えしていますが、私のクセがすごいです。

普通のWordPressテーマ販売者なら、「購入いただいたみなさまのご要望を積極的に取り入れて、どんどん改善していきます」と宣言するところですが、メシオプレスはその名前のとおり、私が自分で使うために作ったWordPressテーマです。

私には2008年からWordPressを使ってきて、今もなお現役のアフィリエイターとして現場の最前線で活動している立場があります。

また、上のほうでも書きましたが、我が強い性格です。そのため、「こんな機能を実装してほしいです!」とご要望をいただいても、私が「必要ない」と判断したものは、「それは必要ないです」とハッキリ言うか、華麗にスルーしてしまいます。

ユーザーの声に安易に流されて、ありふれたWordPressテーマをつくるのではなくて、私のフィルターを通して、メシオプレスならではのWordPressテーマをつくる。それが、メシオプレスに課せられた使命だと思っています。

とはいえ、過去のメシオプレスシリーズでお寄せいただいたご要望は、私の考え方と合うものが多いです。実際のところ、ご要望の9割近くは新たな機能や仕様改善として、今後のアップデート・バージョンアップ版に採用しています。

他社テーマから乗り換える場合の注意点は何かありますか?

ほぼほぼ再設定が必要です。

メシオプレス04は、メシオプレス02の後継テーマのため、メシオプレス02との互換性はありますが、他社のWordPressテーマと互換性はほぼありません。

特に、ウィジェットエリアは、04に切り替えた瞬間にウィジェットの中身が空っぽになります。(完全に消えるわけではなくて、他社テーマに戻せば復活します)

ですので、乗り換えても同じような構成のサイトにする場合は、事前にウィジェットの中身をテキストベースでメモして控えておく必要があります。このウィジェットの再設定作業だけでも15分くらいはかかってしまうと思います。

基本的には、新規で新しいサイトを作る際に使っていただくことを想定しています。

メシオプレス04に変更したら検索順位に影響は出ますか?

基本、出ません。ただし……、

テーマを替えただけで「順位が下がった、上がった」なんてことがあるとしたら、テーマ自体に重大な欠陥がある場合です。ちょっとした文法ミスがあっても、今のGoogle先生はそのくらいでは影響は出ません。

ただし、ビッグワードで上位表示している場合は、慎重になったほうがいいかもしれません。これはメシオプレス04に問題があるからとかではなくて、他社テーマに替える場合でも同じです。

ビッグワードで上位表示中にサイトに大きな変更を加えるのは、影響は出ない(はず)とはいえ、私ならちょっと躊躇してしまいます。

Gutenbergにはどの程度まで対応していますか?

レイアウト崩れは修正済みです。

Gutenbergのブロックを使って記事を作った場合に、レイアウトやデザインが大きく崩れる部分は修正済みです。今のところ対応しているのはそのくらいです。

Gutenbergは旧エディタでは難しかった表現ができる一方で、旧エディタで手軽にできたことが難しくなったり、UI/UXがイマイチだったり、Gutenberg自体が発展途上だったりで、まだ様子を見たほうがいいと思っています。

「明らかにGutenbergのほうが使いやすい」「まだClassic Editorで消耗しているの?」と言われるようになるまでは、Classic Editorのインストールは必須でお願いします。それまでに、万全な状態でGutenbergに対応できるように、準備を整えておきます。

メシオプレス04を使えば、ビッグワードで上位表示されやすくなりますか?

構造的には可能ですが、ビッグワードは狙わないほうがいいかも。

トップページのリンク階層や、カテゴリーページのフルカスタマイズ機能などを使って、上位表示されやすい内部構造にすることは可能です。

ですが、最近のGoogleのアルゴリズムを考えると、ビッグワードで上位表示を狙うよりも、ミドル・スモールキーワードで上位表示を狙ったほうがいいかもしれません。(ビッグワードが圏外に飛ばされた実体験より)

なお、先ほどもお伝えしましたが、WordPressテーマを変えただけで、検索順位が上がったり、下がったりすることはありません。

メシオプレス04自体をアフィリエイトすることはできますか?

はい。できます。

メシオプレスシリーズは、2011年のメシオプレス01制作当初から、私の媒体のみで、私のブランド力を使って集客・販売する方針でスタートしました。「メシオプレス」というネーミングもそのゆえんです。

ですが、8年前とは事業内容および、WordPressテーマを取り巻く環境が大きく変わり過ぎてしまいました。有料WordPressテーマも数えるほどしかなかった8年前と違って、今や雨後のタケノコのごとく乱立しています。

私も当初はブログを主軸に活動していましたが、2013年からサイトアフィリエイトにシフトしたため、メインブログの定期更新も2015年でやめてしまいました。

今や「めしおさん?誰ですか?」状態になってしまったので、私のブランド力だけで集客するのは難しい状況です。そのため、メシオプレスの販売方針も変えて、アフィリエイト対応することになりました。

メシオプレス04のアフィリエイトは、メシオプレスを購入いただいた人のみ可能です。使ってみて気に入っていただけましたら、必要としている人にも紹介していただけるとうれしいです。

複数のサイトで使うことはできますか?

はい。もちろんです。

WordPressはGPLライセンスですから、ご自由に複数のサイトで使ってください。複数サイトで使えないとかありえないです。

その他、メシオプレス04に関して、何かご不明な点がありましたら、「お問い合わせフォーム」よりお気軽にお問い合わせください。原則24時間以内にお返事します。

ユーザーの声

USER VOICE

2019年6月22日~6月30日にユーザーアンケート「メシオプレス04満足度調査」を実施しました。寄せられたコメントの中から、購入前の参考になりそうなコメントを30名分、紹介していきます。

28歳♂

多機能で、必要な機能がカバーされていて、どの機能も便利

32歳♂

JINやSANGO・WING・Cocoonと比べると機能面では今ひとつ

○歳♀

他社テンプレートから乗り換えて、メシオプレスのほうが圧倒的によい

38歳♂

自治体や中小企業系、飲食店やアパレルサイトでもいける

32歳♂

02のちょいダサ感を消しつつ、必要な機能のみ追加されていて大満足

○歳♀

オシャレ度で劣るアウトドアブランド「mont-bell」みたいな感じ

44歳♂

うまくハマらないと、ものすごくダサくて使いづらいサイトになる

37歳♂

デザインはシンプルだけど、あとで変化を加えやすい部分が気に入っている

31歳♂

こういうサイトを作れたら良いな。が実現できるので大変満足している

28歳♀

mixhost、conoha wingで使っています。速いです。

44歳♂

今まではCSSをいじって時間がかかっていたが、かなり時間短縮ができた。

30歳♂

かなり良かった。将来性、可能性に魅力を惹かれたので使い続ける

41歳♂

「他のサイトと違って引き込まれるようで素晴らしい」と言われた。

38歳♂

可愛いデザインのサイトにも適用できるようになって、すごく嬉しい

43歳♂

メシオさんの新テーマを購入しないわけにはいかないです。

43歳♂

今までできなかったことができるようになった

38歳♂

必要なものを深堀りして提供し、効率的かつ使いやすいテーマ

50歳♂

現役アフィリエイターが自分のために作ったという安心感

46歳♂

俺にも、こんな実力があったのかと。メシオプレスのおかげなのに(笑)

32歳♂

継続的なアップデートがあることが気に入ってます。

37歳♂

前作よりずっと使い心地がよくて満足している

29歳♂

非常に綺麗なサイトが作れることができて満足

○歳♀

気に入っている点も、そうでない点もある

45歳♂

ヒーローボックスエディタはLPのABテストをするのに便利

55歳♂

これがスマホファーストなんだなというのが実感です。

48歳♂

シンプルで使いやすいので助かっている。今後のバージョンアップが楽しみ

43歳♂

あえて言うなら、PC画面で見たときのデザインがシンプルすぎるかも

30歳

使い慣れてないためなんとも言えない

32歳♂

ヒーローイメージを見て購入しようと思いました。

○歳♀

思った通り、とても楽しくサクサクと使うことができています。

48歳♂

欲しい機能があれば、直接交渉して導入が期待できるのも安心ポイント

44歳♂

スマホ対応が充実しているので、とても気に入っている

これらのコメントの全文は「ユーザーの声ページ」にまとめてあります。

購入後の安心サポートについて

SUPPORT

購入後のサポート体制も万全です。個別のメール対応はしていませんが、サポートフォーラムにて質問と回答の共有を図れるようにしています。

メシオプレス04の設定・使い方に関してご不明な点がありましたら、このサポートフォーラムに書き込みしてください。原則、24時間以内に私が直接回答します。(有志の人で、代わりに回答していただける場合は大歓迎です)もちろん、期限や回数の縛りはありません。

新機能の追加や、WordPress本体や使用推奨プラグインのアップデート・バージョンアップにより、バグや不具合が生じた際には、メシオプレス04も無償でアップデート対応します。

緊急性の高いバグ以外は、他のバグや改善、新機能とまとめて、最新版としてリリースします。最新版をダウンロードページより、ダウンロードしてください。アップデート・バージョンアップ情報はお申し込み時のメールアドレス宛にお知らせします。

ただし、永久サポートではありません。私が死んでしまったり、後継テーマをリリースした場合は、サポートフォーラム閉鎖、アップデート・バージョンアップも終了となる可能性があります。

また、下記に当てはまる内容はメシオプレス04と直接関係がないため、サポート対象外とさせていただきます。

対象外となるサポート

・PHPやCSSの変更が必要となるカスタマイズの質問
・各自で導入した外部ツール、ソフト、プラグインの使用が絡んだ質問
・WordPressの基礎、HTML、CSSなどWEB制作の基礎知識に関連する質問

上記に該当する質問をする可能性がある場合は、どうか購入をお控えください。双方にとって不満の原因になります。

機能追加、仕様変更の要望受付

REQUEST

前述のとおり、個人的なカスタマイズの質問はサポート対象外ですが、「こんな機能・仕様をメシオプレス04にも採用して欲しい」という「要望」は随時受け付けています。

購入後に何か実装して欲しい機能がみつかった場合は、提案・要望として「理由」を添えて、サポートフォーラムの「機能追加、改善リクエストフォーラム」に書き込みしてください。今後のアップデート・バージョンアップ時に採用を検討させていただきます。

ただし、提案内容が必ず採用されるわけではありません。必要な理由がよくわからず、「それって単なる自己満じゃないの?そんなことして何の意味があるの?」と思うようなものは、私の超独裁的判断により採用を見送らせていただきます。

利用規約および免責事項

TERMS OF SERVICE

使用許諾・ライセンス
当テーマはWordPressのライセンス仕様に基づき、GPLライセンスに準拠していますが、同梱されている画像素材やCSSの著作権は株式会社アーネストウェブにあります。 画像やCSSを含めた当テーマを第三者へ配布、転売、貸与、交換する行為は一切禁止いたします。

お願い
以下の内容を含むサイトでの当テーマは使って欲しくないです。

・ツールで記事を自動生成したり、ドアウェイページなどのSEOスパムサイト
・自作自演SEO目的の低品質バックリンクサイト
・クリック詐欺、騙しリンクを設置しているアダルト系サイト※1
・著作権、肖像権、パブリシティ権違反のトレンドアフィリエイトサイト※2
・特定電子メール法違反のメルマガ登録フォームを設置しているサイト
・他サイトのコンテンツをパクっているサイト
・実際に商品やサービスを使っていないのに、「使ったらこんな未来を手にしました」など嘘の体験談記事を書いている虚偽サイト

※1アダルト系サイトはクリック詐欺や、騙しリンクを設置していないサイトならOKです。
※2トレンドアフィリサイトは、著作権、肖像権、パブリシティ権を遵守していればOKです。

なお、当テーマはGPLライセンスに準拠するため、これらを禁止しているわけではありません。テンプレートのイメージが悪くなるような使用は控えて欲しいという「お願い」です。

ただし、メシオプレスを使って上記行為をしているユーザーさんに関しては、他の健全なユーザーさんの迷惑になりますので、バージョンアップ情報は配信しないなどの措置を講じます。

免責事項
当テーマを利用して発生したすべてのトラブル・損害について、利用する者が全ての責任を負うものとし、当方は一切の責任を負わないものとします。

動作環境
WordPress4.9以上(推奨は5.0以上)、PHP5.6以上(推奨は7.2以上)

動作保証外のサーバー

wpXレンタルサーバーなど、「WordPressに特化した専用サーバー」は独自のキャッシュ機能を実装していることが多く、トラブル多発の原因となりますので、動作保証外・サポート対象外とさせていただきます。普通のエックスサーバーがおすすめです。

気になる価格について

PRICE

それでは、いよいよ気になる価格について、お話しします。

有料WordPressテーマの相場は、2012年にブログ用WordPressテーマ「メシオプレス01(6,980円)」をリリースした当時と比べると、年々上がってきています。

メシオプレス04の前身、サイト用のWordPressテーマ「メシオプレス02」は、12,800円で販売していました。メシオプレス04は、そのメシオプレス02完全体(ver.2.15.2/2019年1月20日更新)と比較して、新たに実装した機能・仕様が全部で57個あります。

02よりもはるかにパワーアップしていますので、価格もそれ相応に引き上げて提供するのが自然な流れであることは、十分ご理解いただけると思います。

ですが、あまり価格を上げると、購入できる人が限られすぎてしまいます。

WordPressテーマを販売しようとすると、本来自分だけで使うなら必要のない業務が山積みになります。

たとえば、この機能紹介サイト、各種デモサイトの用意に1ヶ月、さらに購入者サイトの用意にも1ヶ月を費やしました。自分のサイト運営にまったく手が回らなくなるので、この準備が地獄です。

地獄の準備期間をクリアしたあとも、購入後のサポート、リクエスト対応や、アップデート・バージョンアップのたびに解説記事の作成、購入者サイト、機能紹介サイトの修正・更新に追われます。これも相当な時間を取られます。

一般公開したからには、この時間損失をまかなえる利益を出し続けないと、不採算事業になってしまって事業の撤退を余儀なくされてしまいます。

購入いただいたからには、末永く使っていただけるようにアフターフォローをしていきたいので、途中撤退だけは避けなければいけません。

一方で、あまり低価格にすると、同じようなサイトが出回り過ぎて、せっかくの価値が半減してしまうことも理解しています。

そこで、アフターサポートのコストをまかないつつ、本気の人なら手にとってもらえる価格を設定することにしました。

それは、メシオプレス02に1万円をプラスした22,800円……ではなく、ブロガー・アフィリエイター向けのWordPressテーマの価格帯でよく見かける14,800円……でもなく、13,800円……でもありません。

この最新のサイト用WordPressテーマ・メシオプレス04の価格は……「12,800円」になります。

メシオプレス02完全体に57個の新機能・仕様が追加され、不明点やトラブル時にサポートが受けられるフォーラム利用権(24時間以内に返信。期限や回数の縛りなし)まで付いて、メシオプレス02と同じ12,800円です。

メシオプレス02のバージョンアップ版なのに、メシオプレス02と同じ価格で買えるというおかしなことになっていますが、現状で設定できるギリギリの価格として、この価格を決断しました。

お申し込み方法

お申し込みは、決済代行会社のインフォトップを利用しています。インフォトップを利用したことがある場合は、手続きは最短1分で完了します。

決済方法は、クレジットカード決済、銀行振込、コンビニ決済、Bitcash、ちょコムeマネーをお選びいただけます。

それでは、今すぐこの下にある「お申し込み手続きへ進む」ボタンをクリックして、決済を完了させてください。

他とはひと味違う・サイト用WordPressテーマ
メシオプレス04

商品パッケージ内容

  • メシオプレス04本体
  • カスタマイズ用・メシオプレス04子テーマ
  • 設定方法の不明点、不具合時のサポートフォーラム利用権利(返信24時間以内。期限や回数の縛りなし)
  • アップデート・バージョンアップ版の受け取り権利
  • 機能追加、仕様改善リクエスト申請権利(期限や回数の縛りなし)
  • ユーザー通信受け取り権利(バックナンバー非公開)
販売価格:12,800円(税込)

お申込み→決済完了までの流れ

ご希望の決済手段の流れをクリックしてご確認ください。

クレジットカード決済の場合
【図解】クレジットカード決済の手順を見る
1
お申込み手続きへ進む

「お申込み手続きへ進む」ボタンをクリックしてください。

決済代行会社・インフォトップの決済ページに移動します。

2
お客さま情報を入力する

商品を購入する際は、インフォトップへの会員登録が必要となります。

インフォトップで初めて商品を購入する場合 「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」のボタンをクリックして、必要事項をご入力ください。

すでに会員登録している場合 「会員登録済みの方はこちら」のボタンをクリックしてください。

会員情報を入力する画面が表示されますので、ご登録時のメールアドレスとパスワードをご入力ください。

3
クレジットカード支払いを選択する

「お支払い方法を選択してください」より、「クレジットカードまたはちょコムクレジット支払い」と「お支払い回数(一括払い、複数回払い)」を選択してください。

複数回払いの場合は2回(6,432円)、3回(4,300円)、4回(3,232円)の選択が可能です。

お支払い回数を選択しましたら、「注文内容を確認」ボタンを押してください。

4
入力情報を確認、またはカード情報入力

「規約に同意してカード情報の入力へ」というボタンが表示されますので、クリックしてください。

カード情報入力画面が表示されますので、カード情報を入力してください。

ご利用いただけるクレジットカードは、日本国内で発行された Visa、Master、JCB、American Express(Amex)、Diners です。海外発行のカードはご利用いただけません。

明細書に記載される名前は、原則として下記のいずれかになります。

  • Visa、Masterの場合:「infotop」「インフォトップ 」「ちょコム-INFOTOPJP」「pay-ec」
  • JCBの場合:「INFOTOP」「infotop」
  • Amexの場合:「ちょコム」「infotop」
  • Dinersの場合:「infotop」

カード情報の入力が終わりましたら、画面下部の「決済実行」ボタンをクリックして決済完了です。

銀行振込の場合
【図解】銀行決済の手順を見る
1
お申込み手続きへ進む

「お申込み手続きへ進む」ボタンをクリックしてください。

決済代行会社・インフォトップの決済ページに移動します。

2
お客さま情報を入力する

商品を購入する際は、インフォトップへの会員登録が必要となります。

インフォトップで初めて商品を購入する場合 「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」のボタンをクリックして、必要事項をご入力ください。

すでに会員登録している場合 「会員登録済みの方はこちら」のボタンをクリックしてください。

会員情報を入力する画面が表示されますので、ご登録時のメールアドレスとパスワードをご入力ください。

3
銀行振込を選択する

「お支払い方法を選択してください」より、「銀行振込・郵便振替」を選択して、「注文内容を確認」ボタンを押してください。

4
注文内容を確認して、注文完了

注文内容の確認画面が表示されますので、確認後、「利用規約に同意し注文する」ボタンをクリックして注文完了です。

5
指定の口座に14日以内に入金

注文が完了すると、ご登録メールアドレスに「銀行振込 お支払いのご案内 」メールが送信されます。こちらのメール内に振込先が記載してありますので、内容をご確認の上、指定の口座にお振込ください。

しばらく経ってもメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられいないかご確認ください。注文内容は、購入者マイページの 「注文履歴・ダウンロード 」のタブからもご確認いただけます。

お振込口座

  • 三井住友銀行 東京中央支店 普通口座:8200564 カ)フアーストペンギン
  • イオン銀行  本店  普通口座:0109739  カ)フアーストペンギン
  • ゆうちょ銀行  記号:10140 番号:30578381 カ)フアーストペンギン

入金確認時間

入金確認 三井住友銀行 イオン銀行 ゆうちょ銀行
1回目 10:30 10:30 10:30
2回目 13:30 13:30 13:30
3回目 15:30 15:30 15:30
4回目 17:00 17:00

お支払い確定は原則として、三井住友銀行15時まで、イオン銀行・ゆうちょ銀行は17時までのお振込分が当日扱いとなります。それ以降のお振込分は、翌営業日扱いとなります。

コンビニ決済の場合
【図解】コンビニ決済の手順を見る

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートに設置してあるチケット発券端末機でお支払いが可能です。セブンイレブンには対応していません。

1
お申込み手続きへ進む

「お申込み手続きへ進む」ボタンをクリックしてください。

決済代行会社・インフォトップの決済ページに移動します。

2
お客さま情報を入力する

商品を購入する際は、インフォトップへの会員登録が必要となります。

インフォトップで初めて商品を購入する場合 「初めてインフォトップをご利用の方はこちら」のボタンをクリックして、必要事項をご入力ください。

すでに会員登録している場合 「会員登録済みの方はこちら」のボタンをクリックしてください。

会員情報を入力する画面が表示されますので、ご登録時のメールアドレスとパスワードをご入力ください。

3
コンビニ決済を選択する

「お支払い方法を選択してください」より、「コンビニ決済(※手数料として 270円 が追加されます)」を選択して、「注文内容を確認」ボタンを押してください。

4
注文内容を確認して、注文完了

注文内容の確認画面が表示されますので、確認後、「利用規約に同意し注文する」ボタンをクリックして注文完了です。

5
指定の口座に14日以内に入金

注文が完了すると、ご登録メールアドレスに「コンビニ決済 お支払いのご案内」というメールが送信されます。こちらのメール内に記載されている「▼受付番号(またはオンライン決済番号)の確認はこちらから」URLをクリックすると、お支払い方法選択画面が表示されます。

ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、デイリーヤマザキ、セイコーマートのなかからご希望のコンビニをお選びいただき、それぞれのお支払い方法に従ってお支払いをお願いいたします。

コンビニの端末機にご入力いただく電話番号は、必ずインフォトップにご登録されている電話番号をご入力下さい。異なるとエラーが発生します。登録の電話番号は購入者マイページの会員情報よりご確認いただけます。

入金から注文確定までに1~3時間ほどで注文確定のお知らせメールが送信されますので、ご確認ください。

決済完了→商品お渡しまでの流れ

決済完了から商品のダウンロードまでは、たったの3ステップです。

1
メシオプレス04ユーザー通信の登録ページにアクセス

商品代金のお支払いが完了すると、「メシオプレス04ユーザー通信登録のご案内」という件名にてメールが送信されます。

メールに記載の「メシオプレス04ユーザー通信の登録」URLをクリックしてください。

2
会員情報を入力

04ユーザー通信の登録のための会員登録画面に移りますので、

  • お名前
  • メールアドレス
  • ログインパスワード(ご希望のパスワード)
  • 注文ID

を記入して「確認」ボタンをクリックして、「登録」してください。

注文IDは、別途インフォトップから送信された「注文確定のお知らせ」「決済完了のお知らせ」という件名のメール、もしくは、購入者マイページの「購入履歴一覧」に記載されています。

今後、メールアドレスの変更などはこちらの「登録変更サイト」からご自由に変更できます。

3
メールに記載の購入者サイトからダウンロード


会員登録が完了すると、「メシオプレス04のお届けです」という件名のメールが届きますので、記載された購入者サイトURLに、記載のパスワードを入力して購入者サイトにアクセスしてください。

購入者サイトにアクセスすると、アイコンメニューの左上に「ダウンロード」メニューがありますので、そちらから最新のメシオプレス04をダウンロードしてください。

あとは、購入者サイトの図解マニュアルどおりにひとつずつ設定していけば、今までのメシオプレスでは作れなかった新しいサイトができあがります。

デモサイトでご覧いただいたように、色々なパターンのサイトが作れますので、いくつでもサイトを作って、世の中に価値のあるサイトを生み出してください。

私も「メシオプレス04を買ってよかった!」と言ってもらえるように、さらに使いやすく、さらに訴求力のあるWordPressテーマを目指して、これからもメシオプレスならではの独創的な機能や仕様を実装していきます。

今すぐ、メシオプレス04で新しいサイトを作ってみる
(最新ver.1.1.3:2019年9月04日更新)