WordPressテーマ「メシオプレス」ブログ

2012年9月26日に東京国際フォーラムで開催された、
ページ改善ツール「クリックテール」最新活用ノウハウ&
最新のGoogleペンギンアップデート分析セミナーに参加してきました。

ペンギンアップデートセミナー

セミナー募集ページはこちら

有料で開催しても良いくらいの内容でしたので、忘れないうちにまとめておきます。
まずはセミナー第一部、「3D-SEO」が好評のディーエムソリューションズによる
最新のGoogleペンギンアップデート分析セミナーからいきます。

セミナー講師・木村和央さんについて

木村和央

ディーエムソリューションズ株式会社 事業戦略室・室長

ディーエムソリューションズと言えば、
SEOまとめ」を運営している片川創太さんは
以前からブログやTwitterを通して知っていました。

一方、セミナー講師を担当した木村和央さんは、
今回のセミナーで初めて知ったのですが、この人、かなり賢いです。

さすが営業ミッション13カ月連続達成というだけあって、
明瞭で堂々とした語り口調が印象的で、
「ザ・デキる社員」というオーラが出ていました。

Googleの検索ロボットと同じような機能をもつ
「GOWASU」という独自クローラーの開発にも携わり、
徹底したデータ分析を行なうのが得意のようです。

今回は、この「GOWASU」を使って対象サイト100サイトを分析し、
悪いリンクや危険なリンクはどんなものなのか、
どうすれば順位下落から回復するのかを公開したセミナーでした。

分析した結果、ペンギンアップデートなど、
Googleのリンクペナルティを受けてしまうサイトの傾向として、
次の5項目が浮き彫りになったそうです。

ペンギンアップデートに捕まるサイト5つの特徴

●1 キーワードの完全一致の比率が高い

アンカーテキストのキーワード完全一致比率が高いほど危険です。

ただし、サイト名にもそのキーワードが含まれているは、
これが適用されないという傾向にあります。
例えば「ダイエット」というアンカーリンク比率が高くても、
サイト名も「ダイエット.COM」になっている場合が該当します。

●2 悪いリンクの比率が高い

「悪いリンク」とはディーエムソリューションズ独自の指標で、
検索エンジンからリンク元の「ページ」のインデックスが外され、
Googleページランクが0以下のリンクのことを指します。

検索エンジンは、低品質のサイトや、悪いサイトなどを
インデックスから外し、検索結果に表示されないようにしているためです。

また、Googleページランクは、
検索順位と絶対的な相関があるわけではありませんが、
ページランクが0の場合、そのページは何らかの問題により
検索エンジンから評価されていないと考えられるからです。

●3 危険なリンクの比率が高い

危険なリンクとは、さらに激ヤバのリンクのことで、
リンク元のページ・ドメイン共にインデックスから外され、
ページランクが0以下のリンクのことを指します。

●4 関連性のないリンク元からのリンクの比率が高い

検索エンジンは、リンク元とリンク先に関連性があると認識した場合は、
リンクの評価を高めます。
一方、ペンギンアップデートの影響を受けた調査対象100サイトの
リンク元を調べたところ、リンク元と関連性のないものが過半数を占めていたそうです。

●5 ディレクトリからのリンクの比率が高い

ディレクトリとは、Yahoo!ビジネスエクスプレスや、
Xレコメンド、Jエントリーなどの有料ディレクトリ、
Yomiサーチなどの無料ディレクトリがあります。

誰でも簡単に登録できる無料ディレクトリが
非常におすすめできないのはもちろん、
今は有料のものでもあまりおすすめできないとのことです。

ちなみに、自分のサイトにどのようなリンクが付いているのかは、
ウェブマスターツールの「サイトへのリンク」から調べることができます。

サイトへのリンク

以上を踏まえて、ペンギンアップデートが来る前の、
2011年6月ごろより多発していたGoogleからの「警告メッセージ」
のペナルティから回復させた事例が3つ紹介されていました。

回復事例1:リンクの警告後、大幅に順位が下がった事例

この事例のサイトは、2005年から運営しているポータルサイトで、
以前よりSEOを重視する戦略を取っているために、
複数のSEO会社を利用し続けていたそうです。

ところが、2011年6月にGoogleからリンクに対する「警告メッセージ」が届き、
7~9位に表示されていたビッグワードが圏外へと下落し、
ディーエムソリューションズへ助けを求めに来たそうです。

これに対して行った施策は、
まず、ウェブマスターツールのサンプルリンクデータの中から、
以前利用していたSEO会社のリンク元ページの、
インデックスがないリンクを抽出します。

サンプルリンク

抽出したリンクデータは、csvファイルにて対象サイトの
ルートフォルダにアップロードします。
そして、ウェブマスターツールからリンク削除が不可能であることを伝え、
「無効化の要請」と「再審査リクエスト」を行います。

すると、4日後にGoogleから内容を受理し、
再インデックスを行なうメッセージが届き、
その5日後に順位が大幅に回復したそうです。

また、「逆フレーズ」のリンクが多かったのもなくしたそうです。
逆フレーズとは、例えば「焼肉 定食」「定食 焼肉」のように、
どちらで検索しても太字で表示されるようなフレーズのことです。

回復事例2:警告が届くも、順位が下がらなかった事例

次の事例は、2001年から運営しているECサイトで、
某SEO会社(セミナーでは所在地も暴露されていました)と契約し、
通販の掛け合わせミドルワードで10位以内に表示されていたサイトです。

2012年2月になってGoogleから不自然なリンクに関する警告が届くも、
数ヶ月経過しても順位に変動はなかったそうです。

ディーエムソリューションズの見解によると、
このサイトは特定ジャンルにおいて有名なサイトで、
オーソリティが高かったのが順位が落ちなかった要因のようです。

それでも、某SEO会社にすべてのリンクに対して削除依頼を出し、
運営者が管理していたサテライトサイトからのリンクにも
nofollwを付加するという施策を実行し、再審査リクエストを送信しました。

すると、3日後に審査受付のメッセージが届き、
その12日後には警告が解除され、約2週間後には
ミドルワードで3位を獲得したそうです。

順位を上げるために張っていたリンクを削除したのにも関わらず、
以前よりもむしろ順位が上がったという事例です。

回復事例3:警告が届くも、大幅には下がらなかった事例

この事例は、2005年から運営されているECサイトで、
某A社と某B社(セミナーではビル名まで暴露されていました)と
SEO契約をしていたサイトです。

しかし、2011年10月にGoogleから不自然なリンクに関する警告が届き、
ビッグワードが3位から20位前後に下落したそうです。
そこで、某A社と某B社の保有する媒体からのリンクに対して
削除依頼を行いました。

しかし、某B社は中国語サイトからのリンクを使用しており、
削除まで3ヶ月かかるらしいとのことから、
それらのリンクの無効化申請と、再審査リクエストを行いました。

その結果、1ヶ月後に「まだ違反がある」との返信があり、
再審査リクエストを3回行なうなど苦戦しつつも、
再審査リクエストが受理され、順位が大幅に回復したそうです。

まとめ:サイト内容だけでなく、アンカーテキストにも注意

以上、今回のペンギンアップデートセミナーで勉強になったのは、
「アンカーテキストの完全一致比率が高いと危険」ということです。
回復事例では、どの事例も5%以下に減らしていました。

自作自演のSEOをしている人は、
リンク元のサイト内容の質を高めるのはもちろん、
アンカーテキストの内容も見直したほうが良さそうです。

ちなみに、今回の回復事例は手動での警告が来た場合の対処法で、
ペンギンアップデートのように警告が来ない
自動的なアルゴリズムの変更の事例ではありません。

しかし、こちらで渡辺隆広さんも言っているように、
ペンギンアップデートが原因で検索順位が落ちたらのなら、
警告の有無を問わず、再審査リクエストを行ったほうが良いようです。

あと、まとめていて気になったのが、
ユーザーに価値のないSEO目的のディレクトリ型検索エンジンを
自動で生成するツールなるものが出回っている点です。

これを量産してライバルサイトを登録すれば、
ペンギンの餌食にすることも可能なのではと思いました。

ただ、回復事例の2つめにあったように、
特定のジャンルでオーソリティのあるサイトなら、
ビクともしないのかも知れません。

いずれにしても、小手先のSEOはやめて、
ユーザーに価値のあるコンテンツサイトを作っておくことが
何よりも重要であることは間違いないですね。
次回のペンギンアップデートは、さらに厳しいバージョンになるようですし。

ということで、Googleから警告メッセージが届いていたり、
ペンギンアップデートの影響を受けている場合は、
ディーエムソリューションズに相談してみると良いと思います。


※フォームのお問い合わせ内容欄に「めしおさんのブログを見て申し込みました」
と書いていたただくとディーエムソリューションズさんへの顔が立ちますので、
一言添えていただけると嬉しいです。

※2012年10月12日追記
第二部「クリックテールセミナー」アップしました。
「クリックテール」が他のアクセス解析ツールとは明らかに違った件

この記事を書いた人

めしお
めしお メシオプレス販売者

めしおさんのめしおさんによるめしおさんのためのWordPressテーマ「メシオプレス」を有料でおすそ分けしています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

オリジナル有料WordPressテーマ好評発売中

メシオプレス02 メシオプレス03