WordPressテーマ「メシオプレス」ブログ

WordPressプラグインの一括インストールが可能になるプラグイン「Bulk Plugin Installation」ですが、本日より「Multi Plugin Installer」に乗り換えました。Bulk Plugin Installationとはお別れしました。その理由を書いておきます。

Multi Plugin Installerのほうが優れている3つの理由

プラグインの一括インストールが可能な超絶便利なプラグインとして、メシオプレスブログでは「Bulk Plugin Installation」をご紹介&おすすめしていました。しかし、WordPress4.0以降ではプラグイン画面が変更されたことにより、一括インストール欄も消えてしまいました。


そこで、代替プラグインとして「Multi Plugin Installer」を使ってみたのですが、Bulk Plugin Installationよりも機能的にも優れていましたので、Multi Plugin Installerに乗り換えることにしました。その理由は次の3点からです。

理由1:WordPress4.0にも対応
Bulk Plugin Installationの場合は、デフォルトのプラグイン画面に一括入力欄を追加する仕様でしたので、今回のWordPress4.0の仕様変更の影響を受けてしまいました。いずれバージョンアップで対応されると思いますが、「Multi Plugin Installer」の場合は専用画面が用意されているため、WordPress4.0でも影響を受けずにそのまま使用可能です。

理由2:インストールと同時に有効化できる
Bulk Plugin Installationの場合は、インストールしたあとは「停止中」プラグインを選択して、一括で「有効化」を適用する必要がありました。一方、Multi Plugin Installerは同時に有効化できるボタンも付いていますので、インストールするだけで全てのプラグインが有効化されます。これは便利です。

理由3:インポート&エクスポート機能が付いている
一括インストール欄からインストールしたプラグインは、エクスポートファイルでダウンロードできます。最初の一括インストール後に、さらに追加でプラグインをインストールしていた場合でも、追加分(差分)のエクスポートが可能です。この機能が地味に便利なことがわかりました。

Multi Plugin Installerの使い方

1:管理画面より「Multi Plugin Installer」をインストール&有効化

有効化すると、左メニュー下に「Multi Plugin Installer」が表示されます。

2:一括入力欄にプラグイン名またはURLを入力

ここは「Bulk Plugin Installation」と同じです。プラグイン名、プラグインの公式URL(zip形式)を入力して、インストールします。「install&Active plugins」を選択すれば、有効化も同時にしてくれます。一番上の「Enter Exported File Name:」は空欄のままでOKです。

ただし、私的にはURL一覧の直接入力よりも「エクスポートファイルのインポート」のほうがおすすめです。理由はこのあと説明します。

3:インストール開始

入力したプラグインが自動でインストール&有効化されていきます。プラグインの数や回線速度にもよりますが、1分もかからずに完了します。

4:エラーメッセージが出ていたら消す

私の場合はプラグイン一覧画面に戻ると、4つの(エラー)メッセージが表示されていましたので、下記の手順でひとつずつ消していきます。

Your backup folder is NOT writable
To correct this issue, make the folder writable.
Your backup folder MIGHT be visible to the public
To correct this issue, move the file from /home/ドメイン名/public_html/wp-content/plugins/wp-dbmanager/htaccess.txt to /.htaccess

これは「WP-DBManager」のエラーです。wp-dbmanagerフォルダの中に入っている「htaccess.txt」を「.htaccess」にリネームして、/wp-content/plugins/wp-dbmanager/の中に移動させてください。という例のメッセージです。

新規サイトにインストールすると毎回この修正作業が発生して面倒だったのですが、ここでMulti Plugin Installerのインポート&エクスポート機能が本領を発揮します。すでにこの作業をした状態でエクスポートすると、この作業が完了した状態のWP-DBManagerがインストールされるのです。

つまり、プラグイン一覧画面に行って、WP-DBManagerを一旦無効化して再度有効化するだけで、このエラーが消えるのです。これは地味に便利なので、WP-DBManagerを使っている人はもうBulk Plugin Installationには戻れないと思います。

※2014年10月17日追記

「無効化→有効化してもエラー消えないですよ」というお問い合わせをいただきました。再度試してみたのですが・・・消えませんでした。すみません。私の勘違いだったかも知れません。

その他のプラグインの設定もそのままエクスポートできたら神プラグインになるのですが、さすがにそこまでは無理なようです。メシオプレスブログなどで使用中のおすすめWordPressプラグイン一覧のエクスポートファイルでよろしければ、下記よりダウンロードしてください。

メシオプレスブログで使用中のプラグイン一覧(2014年11月6日時点)
AddQuicktag
WordPress Popular Posts
Yet Another Related Posts Plugin
PS Auto Sitemap
Search Regex
NoFollow Free
WP Social Bookmarking Light
All in One SEO Pack
Google XML Sitemaps
WP-DBManager
Revision Control
PuSHPress
RSS Footer
Category Order
DB Cache Reloaded Fix
WP Hyper Response
EWWW Image Optimizer
WordPress ping Optimizer
Broken Link Checker
Nice Trailingslashit
TablePress
Contact Form 7
Imsanity
Simple Custom CSS
Crayon Syntax Highlighter
上記プラグイン一覧のエクスポートファイル

zipファイルを解凍すると、mpiファイルが入っていますので、そちらをインポート画面よりインポートしてください。WP-DBManagerのエラー修正済みです。

DB Cache Reloaded 情報: キャッシュは無効です。オプションページで有効にしてください。

これはそのまま「DB Cache Reloaded」のオプションページに行って「有効」にチェックを入れればOKです。

Broken Link Checker installation failed. Try deactivating and then reactivating the plugin.
Failed to load plugin settings from the “wsblc_options” option.
Option doesn’t exist in the wp_options table.

Broken Link Checkerのエラーです。インストール&有効化されているのですが、何やら失敗してしまったようです。一旦無効化して、再度有効化すればOKです。

関連記事プラグイン (YARPP) がインストールされました!
We would really appreciate your input to help us continue to improve the product. We are primarily looking for country, domain, and date installed information. Please help us make YARPP better by providing this information and by filling out our quick, 5 question survey: http://www.surveymonkey.com/s/Z278L88
No, thanks Yes, enable sending usage data back to help improve YARPP

「フィードバックアンケートに協力してください」というメッセージです。英語のアンケートですので、英語がわからない人は「No, thanks」をクリックすればOKです。あるいは表示は最初だけですので無視でもOKです。

以上でMulti Plugin Installerを使ったプラグインの一括インストール&有効化は完了です。WordPress4.0でプラグイン管理画面の変更がなければ、Bulk Plugin Installationを使い続けていたと思います。WP-DBManagerを使っている人なら、間違いなくMulti Plugin Installerのほうがおすすめです。

※2014年10月25日追記
インストールと同時に有効化できる機能が超絶便利だと思ったのですが、WP-DBManagerもそうですし、一部でのプラグインで正しく有効化されず、再度無効化→有効化を繰り返す必要のあるプラグインがいくつか出てくることがわかりました・・・。

なので、有効化設定はBulk Plugin Installationの時と同じように、WordPress管理画面から一括で有効化したほうが良いと思います。

この記事を書いた人

めしお
めしお メシオプレス販売者

めしおさんのめしおさんによるめしおさんのためのWordPressテーマ「メシオプレス」を有料でおすそ分けしています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。

オリジナル有料WordPressテーマ好評発売中

メシオプレス02 メシオプレス03