メシオプレス03販売ページ

メシオプレス03を適用しているブログ

WordPressテーマ「メシオプレス」ブログもメシオプレス03を使用しています。)

WordPressテーマ「メシオプレス03」の販売ページへようこそ!

WordPressテーマ「メシオプレス03」は、レスポンスWEBデザインではなくて「ダイナミックサービング」を採用したブログ用のWordPressテーマです。

PCサイトとスマホサイトを切り分けて管理できますので、PCユーザー、スマホユーザーそれぞれに適した専用サイトを作り込むことができます。

また、アフィリエイター、ブロガーが自分ひとりで運営していくことはもちろん、複数人での運営を想定した機能も搭載しています。社内スタッフによるオウンドメディア構築や、外部ライターに記事投稿を任せた外注ブログを運営したい人にもお使いいただけます。
 
このページではPASONA、QUESTなど感情を揺さぶるようなテクニックは一切使わず、機能だけを淡々と紹介していきますので、必要性を感じた場合のみ購入を検討してください。


それでは、メシオプレス03の主な機能をご紹介していきます。

1.アフィリエイターもブロガーも満足できる「ヘッダー切り替え」機能

メシオプレス03では、1つのテーマで4パターンのヘッダーコンテンツに切り替えることができます。画像の高さは自由です。

パターン1:ヘッダー画像(1000px)

ヘッダー画像のみ表示させるパターンです。キャッチコピーもしっかり盛り込んで訴求したいアフィリエイター向けです。

パターン2:ロゴ画像(250px)とアドセンス

ロゴ画像の横に728×90のアドセンス広告(ビッグバナー)を挿入するパターンです。
アドセンスで収益化を図りたいブロガー向けです。

パターン3:ロゴ画像(250px)とソーシャルボタン

ロゴ画像の横にソーシャルボタンと検索ボックスを表示するパターンです。ソーシャルボタンを目立たせたい人向けです。

パターン4:ロゴ画像(250px)とサイト概要

ロゴ画像の横にサイト概要(テキスト)と検索ボックスを表示するパターンです。ブログタイトルと概要をシンプルに訴求したい人向けです。

表示コンテンツの切り替えもカンタンです。

hed

表示の切り替えは管理画面より該当のボタンを選択するだけでOKです。

2.カラム数もボタン一つで自由自在「レイアウト変更」機能

トップページ3カラム

トップページ3カラム左右まとめ

個別ページ左右カラム切り替え

レイアウトの切り替えもボタンを選択するだけです。

トップページは2カラムか3カラムを選択可能で、3カラムの場合はサイドバーを左右にまとめて表示できます。記事投稿ページは2カラムのみで左右切り替えが可能です。


3.カラーピッカーを使って直感操作で変更できる「カラー変更」機能

テーマ内のカラーは、管理画面よりカラーピッカーを使って直感操作で変更できます。変更可能な箇所は下記の9箇所です。

1.サイドバー見出し
2.プライマリーナビライン
3.グローバルメニューライン
4.フッターライン
5.記事一覧ライン
6.続きを読むボタン
7.見出し(h3)タグ
8.ヘッダー背景
9.全体背景

1~6はテーマカラーとして統一されます。7~9は別々に設定できます。メシオプレス02同様、質感や立体感のないスッキリとした「フラットデザイン」を採用しています。

4.モバイルファーストでの制作を可能にした「スマホ対応ウィジェットエリア」

メシオプレス03では、PC用ウィジェットエリア10箇所と、スマホ用ウィジェットエリアが7箇所あります。PC用とスマホ用で別々のコンテンツを挿入できますので、「モバイルファースト」でのブログ構築が可能です。パソコンユーザーを意識したブログ構成、スマホユーザーを意識したブログ構成、どちらにも最適化されたブログを作ることができます。


※モバイルファーストとは?
パソコン用に作られたコンテンツをモバイル端末向けにカスタマイズしたなんちゃってスマホ対応ではなく、モバイルユーザーが本当に必要なコンテンツから先に作ること。スマホ時代のWEB制作で外してはならない重要な考え方。

5.収益アップのためのスマホ対応「ダイナミックサービング採用」

メシオプレス03ではレスポンシブWEBデザインではなく、「ダイナミックサービング(PC用とスマホ用で異なるHTMLを用意するが、URLは同じ)」によるスマホサイト構築に対応しました。Googleがサポートするスマホサイト3タイプのうちのひとつです。
 
これにより、管理画面にてPCサイトとスマホサイトを切り分けて管理できるため、レスポンシブWEBデザインのように自動的にコンテンツ配置を変えるだけではなく、スマホユーザーを意識したスマホ専用サイトをモバイルファーストで構築することが可能です。

スマホかPCかどうかは、今後のアップデートも考慮して、WordPress3.4から実装されているwp_mobile()関数を使って判定しています。

よく「レスポンシブWEBデザインだと1つのソースだから修正も楽」と言われますが、それは運営者目線の話であって、ユーザーにはどうでもいいことです。むしろ、ユーザー目線で考えたら一手間かけてでも、「スマホユーザーにはスマホ用のコンテンツや動線」を「パソコンユーザーにはパソコン用のコンテンツや動線」を提供するのが真の「ユーザー目線のブログ」ではないでしょうか。

メシオプレス03ではそういった想いを持っているブログ運営者さんの要望に応えられるスマホ対応を実現させました。主なスマホ専用ブログ作成機能は下記のつです。

機能1:スマホ専用ウィジェット

スマホ専用に4つのウィジェトエリアを設けてあります。

●スライドメニューウィジェット

タップすると左側からスライドして出てくるメニューです。フッター上部の「スライドメニューを見る」ボタンや、ページ右上「メニュー」ボタンから呼び出すことができます。
 
このスライドメニューはPCサイトのグローバルメニューとサイドバーに該当するもので、Googleトップページ、Yahoo!ニュースはもちろん、Facebook、@コスメ、クックパッド、マイナビニュース、オリコンスタイルなどの人気サイトでも採用されているスタンダード機能のひとつです。
 
スライドメニュー内のコンテンツは、「PC版への切り替えボタン」「検索ボックス」「グローバルメニュー」の3つが固定で上部に表示され、それより下のコンテンツをウィジェットで自由に設定できます。

●トップページの上段ウィジェット

トップページのファーストビューにお好きなコンテンツを掲載できます。ヘッダー画像やモバイルバナー(320×50、320×100)を貼ることも可能です。

●個別記事の上段ウィジェット

記事上部にモバイルバナー(320×100、320×50)を表示させるためのウィジェットです。

●フッターウィジェット

スマホ専用のフッターコンテンツを掲載できます。スマホの場合は「Fの法則」や「Zの法則」はなくて、「Iの法則」になりますので、上から見てきたユーザーが最後に目にするフッタースペースにキャッシュポイントを置けるようになっています。

機能2:ユーザーによるPC版/スマホ版切り替え



スライドメニュー内最上部、もしくはフッターの「PC版を見る」ボタンから、ユーザーが自由に「PC版」と「スマホ版」を切り替えることができます。PC版でもダブルタップしたり、画面を横に倒せば全く問題なく見れます。
 
これにより、「スマホでもPC版サイトが見たいのに、スマホ版しか見れないなんてあり得ない!」「スマホサイトってPC版の機能縮小版でしょ?そんなの見たくないから!」というユーザーの不満を解消することが可能です。

機能3:Retina対応

Retina対応とは、簡単に言うと画像を綺麗に表示する機能です。例えばiPhone5の場合、画面サイズは320×568pxですが、システム的には倍の大きさ(640×1116px)の画面を半分に縮小して表示しています。大きな画像を縮小表示することで、ドットが気にならないシャープな表示を実現しています。
 
ですので、Retinaディスプレイでクッキリとした画像を表示させたい場合、実際に画面に表示されるよりも倍の大きさの画像を用意すると綺麗に表示されます。この仕様に対応しました。



Retinaにしたい場合は、倍のサイズの画像を用意して、管理画面で「対応」にチェックを入れるだけです。細かいことは気にしない場合や、めんどくさい場合はそのままのサイズでアップして「非対応」にしておけばOKです。

機能4:WEBクリップアイコン(ホームアイコン画像)設定機能

ホーム画面に登録してくれた際のアイコン画像を、あらかじめ登録しておくことができます。登録しないとサムネイル画像になってしまいますので、ユーザーがパッと見てわかるアイコンを用意してあげると親切です。管理画面から画像をアップロードするだけで設定完了します。

機能5:文節での改行の無効化設定


パソコン画面では調度良いタイミング(文節)で改行したつもりでも、スマホは画面幅が狭いので、スマホから見ると変な位置で改行されて余計に見にくくなってしまいます。そこで、スマホ閲覧時のみ、文節改行を無効にすることができます。不要な改行がなくなり、画面内に入るコンテンツ量も多くなり、ユーザーの無駄なスクロールを回避できます。

機能6:画像の左右寄せの無効化設定


スマホでは画面幅が狭いので、画像を左右に寄せると、テキストが縦に伸びてしまって非常に読みにくくなってしまいます。そこで、スマホ閲覧時は、左右寄せを無効にすることができます。

6.収益アップをアシストする「メシオプレス専用ショートコード」

あらかじめデザインされた各種コンテンツパーツは、専用のショートコードをコピペするだけで表示させることができます。

ランキング縦

メシオプレス01に付属していた簡易ランキング表をバージョンアップさせました。

・画像サイズを拡大し、リンク指定も可能
・テキストリンクを緑ボタンに変更
・リンク先を同一ウインドウで開くか、別ウインドウで開くか選択可能

ランキング横(メシオプレス02共通)

ランキングを横に3つ並べるショートコードです。

特集枠(メシオプレス02共通)

「ランキング横」の順位アイコンなしバージョンです。特集ページへの誘導に使えます。

Q&Aショートコード(メシオプレス02共通)

Q&A形式の装飾をつけるショートコードです。カラーは赤、青、オレンジ、緑の4色から選択でき、質問と答えに別の色の設定も可能です。質問テキストは黒色と赤色の選択も可能です。

ボックス(メシオプレス02共通)

ボックス(囲み枠)のショートコードです。カラーはピンク、ブルー、グリーン、ブラックの4色と背景色なし、背景色グレー、タイトルの有無を選択できます。

レーティング機能(メシオプレス02共通)

レーティング(格付け)マークのショートコードです。星マークと顔マークをそれぞれS、M、Lの3サイズ用意してあります。星マークは小数点以下の繰り上げ、切り捨て機能が付いていますので、星の半分を表示することができます。

メシオプレス01ショートコード

メシオプレス01のショートコード(茶枠、肌枠、ブレッド、特典ボックス)も引き続き利用できます。メシオプレス03から特典ボックスのカラーはテーマカラーが自動で反映されるようになっています。

7.細かな配慮で訴求力を高める「メシオプレス03オリジナルウィジェット」

メシオプレス03専用のオリジナルウィジェットを6つご用意しています。

1. アイキャッチ付き最近の投稿

最近の投稿にアイキャッチを表示できるウィジェットです。

・日付のon/off
・見出しの種類選択(テーマカラー、オレンジ、ブルー、グリーン)
・アイキャッチのサイズ指定

も自由に選べます。

2. カテゴリー別人気記事ランキング

閲覧中の記事と同じカテゴリーの記事をアイキャッチ付きでランキング表示できます。関連性の強い記事を表示することで、ユーザビリティの向上と同時に内的SEOの強化にも繋がります。

3. バナー専用ウィジェット

幅300pxのバナーをサイドバーに綺麗に表示するためのウィジェットです。個別記事の上段ウィジェットにアドセンス広告を設置する場合にも使えます。

4. 指定した記事を表示

任意の記事をアイキャッチ付きでピックアップして表示することができます。指定する記事IDは管理画面の記事タイトルにカーソルを合わせた時に、画面下に表示されます。

5. 最近のコメント(アバター付き)

アバター付きで最近のコメントを一覧表示するウィジェットです。アバターのサイズ、表示コメント数を指定できます。

6. 見出しが選択できるテキストボックス




見出しのカラーを選択できるテキストボックスです。テーマカラー、オレンジ、ブルー、グリーンの中から選べます。

8.画像やリンクをしっかり目立たせる「画像&リンク装飾」

画像枠

画像に「枠」または「網掛けの枠」を付けることができます。画像のclassに「waku」「ami_waku」と追記するだけでOKです。

リンク矢印

リンクに矢印を付けて強調できます。こちらもclassで簡単に実装できます。

9.スマホ表示対応済み「アドセンス広告自動配置」

記事の終わりにアドセンス広告(レクタングル(中または大))を横並びで2つ表示します。設定方法は、管理画面にアドセンスコードを一つ設定しておくだけで全ての記事に反映されます。スマホから閲覧している時は、規約違反にならないように1つのみの表示に自動調整されます。広告ラベルの文言も管理画面から設定できます。

10.複数タブを開くユーザーへの配慮「ファビコン設定」

タブをたくさん開くユーザーや、ブラウザのお気に入りに登録してくれたユーザーが視覚的でみつけやすい「ファビコン」を設定できます。画像をico形式に変換する必要もなく、管理画面から画像をアップロードするだけでOKです。

11.最新情報のアピールに「最終更新日の自動表示」


更新頻度の高さや、過去記事も最新の情報に修正・更新していることをユーザーにアピールしたい人向けの機能です。IT系のブログなど情報の流れが早いジャンルに使うと「情報が古いから他のブログへ行こう」というユーザーの離脱を防止できます。Yahoo!プロモーション広告の公式ラーニングポータルなどでも採用されています。記事を更新すると自動的に反映されます。

12.運営スタイルごとに選択できる「日付、ソーシャルボタンの表示・非表示」



「更新頻度が多くないので、日付を表示しないで運営したい」「ソーシャルメディアに好かれないブログなので、記事冒頭のソーシャルボタンは不要」「ソーシャルボタンは読み込みに時間がかかる」という、以前からメシオプレス01ユーザーさんから挙がっていたご要望に対応しました。管理画面からボタンをクリックするだけで、運営スタイルに合わせて簡単に切り替えることができます。

13.行動を呼びかける「ソーシャルボタン誘導文の設定」

記事下のソーシャルボタンの上に、俗に言う「コールトゥアクション」の文言を設定できます。ただボタンを設置するだけでなく、言葉でユーザーに行動を促すことでソーシャルボタンを押してもらう確率を引き上げます。管理画面から設定できます。

14.ユーザビリティの向上に「Googleカスタム検索への切り替え」

ロゴ画像横に表示されるWordPress標準の検索ボックスを「Googleカスタム検索」に変更できます。WordPress標準の検索機能は日付の新しい順にしか表示されませんが、Googleカスタム検索は「関連度順」がデフォルトになります。また、ユーザーが「日付順」に並び替えることもできますので、ユーザビリティの向上に役立ちます。

15.自分のアクセスも簡単に除外できる「アクセス解析タグの自動挿入」

管理画面の「アクセス解析の設定」に、設置したいアクセス解析コードをコピペすれば、</head>か</body>か選択した上で自動的に挿入することが可能です。「アクセス解析タグはどのファイルのどこに挿入すればいいの?」「</head>の直前らしいけど、それってどこにあるの?」「リサーチアルチザンは</body>の直前じゃないと動作しないんだけど・・・」と要望にお応えしています。

また、自分のアクセス記録をカウントしない除外設定も、チェックボックスにチェックを入れるだけです。自分がログインさえしていれば良いので、IPやクッキーに依存しません。より正確なアクセス解析をアシストします。

16.記事ごとに設定してSNSで目立たせる「OGP設定」

Facebookなどのソーシャルメディア上で、ブログトップページまたは個別記事がシェアされた際に表示される記事タイトル、説明文、画像を設定できます。ブログトップページ用と各個別記事用で別々に設定できますので、ブログ単位、記事単位でソーシャルメディアでの拡散を意識した訴求が可能です。

17.カラム数の選択ができる「列幅可変フッターエリア」

運営スタイルに応じて、2列フッター、3列フッター、4列フッターを選択することができます。

18.説明表示付きでクリック率を高める「説明文付きグローバルメニュー」

メニューの下に説明文を記入できます。この部分をかっこつけて英語で記入しているサイトが多く見受けられますが、日本人の読者を相手にしているなら日本語でしっかり説明することをおすすめします。なお、ドロップダウンメニューには対応していません。理由は、Googleがアクセスビリティの観点から「控えるように」と言っているからです。(参照:search-engine-optimization-starter-guide-ja.pdf

19.オリジナル画像も設定できるフェード型「上へ戻る」ボタン

画面をスクロールすると、右下にさりげなく登場する半透明の「上へ戻る」ボタン(オリジナル画像に変更可能)を実装済みです。いつでも上へ戻れますので、記事が長くなりがちなブログに実装するとユーザービリティの向上に繋がります。クリックしてもURLはそのままですので、ソーシャルボタンのカウントに影響が出ることもありません。

20.アイキャッチで視覚的にアピール「前後の記事のアイキャッチ表示」

記事下(コメント欄の下)に、前の記事と次の記事がアイキャッチ付きで表示されるようになっています。

21.余計な導線を排除して成約率を高める「ランディングページ作成」機能

今ご覧いただいているページがそうですが、固定ページで1カラムのランディングページを作成できます。ページ上部には「固定ページ専用のヘッダー画像」を設置可能で、グローバルメニュー、サイドバー、フッターメニューは排除していますので、ユーザーを惹きつけたあとに気を散らせることなく、ゴールまでスムーズに誘導することができます。
 
なお、「一回ブログに戻って、他の記事も見た上でじっくり検討したい」というユーザーがいることも想定して、ページ右上のプライマリーナビと、スマホ版のフッターナビはあえて残した仕様にしています。

22.メシオプレスシリーズ恒例「安心でナットクの内的SEO対策」

内的SEO対策はメシオプレス02同様に、

  • グレーな画像置換、隠しテキストを完全排除したホワイトなソース
  • パンくずリストには構造化マークアップ(Schema.org)採用
  • 今見ている記事と同一カテゴリーのランキング表示で内部リンク強化
  • HTML5によるセマンティックタグとCSS3を採用したサイト軽量化
  • スマホ専用サイトによる表示速度の最適化

をメシオプレス03でも引き続き採用しました。

以上がメシオプレス03の主な機能と仕様です。

よくある質問にお答えします。

色々な機能が備わっているようですが、WordPress初心者でも問題なく使えるようなPDFマニュアルは用意されていますか?

PDFマニュアルは付属していません。WEBマニュアル(購入者サイト)の解説ページを見ながら設定を済ませていただきます。設定箇所は多めだと思いますので、「インストールすればすぐに使える」的なテンプレートを探している場合は購入をお控えください。

ここ重要ですので、もう一度書きます。PC用の設定と、スマホ用の設定を切り分けて管理・設定しますので、これを面倒に感じる場合は購入しないようお願いします。一元管理できるレスポンシブWEBデザインのテンプレートでも使ってください。

メシオプレス03は自由度を高めにしてありますので、PCとスマホの切り分けも含めてしっかリとカスタマイズして収益アップを図りたい人にご満足いただけるテンプレートになっています。

なお、ショートコードに関しては、購入者サイトにてサンプルをコピペして使えるようになっています。

ショートコードは毎回コピーするのが面倒だと聞いたのですが、本当ですか?

いいえ。ショートコードをコピーするのは一度だけです。「このショートコードは今後も使いそう」と思ったら、AddQuicktagに登録してください。今後はボタン一つで挿入できるようになります。毎回コードをコピーしてきて貼り付ける必要はありません。

ショートコードはクイックタグにすべてプリセットしてお渡しすることも可能ですが(以前はそうしていました)、種類が多すぎて編集画面がゴチャゴチャになるので、自分に必要なもののみ登録するスタイルに変更しました。

メシオプレス03を使えば収益はアップしますか?

いいえ、ただ使うだけで収益はアップしません。訪問ユーザーが何を求めているのかを理解し、的確なコンテンツや動線を考え、提示する必要があります。メシオプレス03はそのための箱をご用意しているに過ぎません。
 
当然ですが、箱の中身はご自身で作り上げていく必要があります。その中身次第で収益が上がることもあれば、逆に下がる可能性もあります。ちなみに、アフィリエイトの場合はいくらアフィリエイターが頑張っても、広告主のLP、さらには注文フォームが最適化されてなくて、カゴ落ちされてしまったら元も子もありません。

ダイナミックサービングは「更新頻度の高いブログだと運営の負担が大きくて不向きだ」と聞いたのですが、本当でしょうか?

嘘です。初期設定やリニューアル時にウィジェットなどをPC用とスマホ用で別々に設定しますが、日々の運営には全く影響ありません。

GoogleはレスポンシブWEBデザインを推奨しているようなのですが?

その一方でGoogleは「レスポンシブ・ウェブデザインを使用することが適切とはいえない状況がある」と公言していることはご存知でしょうか?メシオプレス03はアフィリエイターや(プロ)ブロガーなど、そういう状況に置かれている人のためのテンプレートです。
 
そもそも、WordPressのデフォルトテーマがレスポンシブWEBデザインですので、収益度外視でブログ運営している人はデフォルトテーマを使えば十分だと思います。レスポンシブWEBデザインではないことの価値、必要性を感じる人にお使いいただきたいと思っています。

iPadなどのタブレット端末ではどのように表示されますか?

今回スマホ対応に採用したwp_mobile()関数は、そのままだとタブレットもスマホサイトと判定してしまいます。そこで、wp_mobile()関数で判定後、さらに一つ処理を追加してタブレットを除外して、PC版がそのまま表示されるように作ってあります。レスポンシブWEBデザインのように「タブレットではPCサイトがそのまま見たいのに、余計なことしないで!」という不満を抱くことはありませんので、ご安心ください。

また、基本的な判定はwp_mobile()関数を使ったことで、今後の本家のアップデートで対象機種に変更があっても、自動的に対応できます。これが現状ではベストな方法だと思っています。

サイトアフィリエイト用のテンプレートとしても使えるのでしょうか?

基本的に、メシオプレス03は「ブログ」用のテンプレートです。アフィリエイトブログ、もしくは、アドセンスブログでの使用を想定しています。サイト用のテンプレートは「メシオプレス02」のご利用がおすすめです。ただし、03には日付の非表示機能もありますので、サイト用として使うことも可能と言えば可能です。

メシオプレス02と03の違いがよくわかりません

「サイト」を作りたいのか(02)、「ブログ」を作りたいのか(03)の違いです。使える機能にも違いがあります。詳しくはメシオプレス02と03の機能比較表で確認してください。

メシオプレス02を買うか、03を買うかで迷っています。購入の判断基準があれば教えてください

サイトを運営したいのか、ブログを運営したいのか」で判断するしかないですね。ちなみに、メシオプレスユーザーさんの半数は両方購入しています。どちらか一方を購入して、使ってみると良さがわかるようで、後日追加で購入いただくケースが多いです。どちらかのみ購入している人は、メシオプレス02のほうが多いです。

他社のWordPressテンプレートとの違いを教えてください。

テンプレートを売って稼ぐために作ったのではなくて、私自身が実際に使っていて、実際に成果が出ているテンプレートになります。

メシオプレスよりもオシャレなデザインのWordPressテーマはありますが、デザイン性を高くし過ぎると、成約率が下がってしまうことは現役のアフィリエイターなら周知のとおりです。メシオプレスで重視しているのはオシャレで目を引くデザインではなくて、ユーザーエクスペリエンスの原則に沿った「一貫性」「わかりやすさ」「読みやすさ」を優先しています。

ゆえに、ほとんどの日本人にとって違和感なく読めるコンテンツデザインになっています。これはある規則に合わせて、細部までこだわって設計しているからです。真似されると嫌なので具体的には書きませんが、わかる人は感覚値でもわかると思います。

メシオプレスを購入した場合、複数のブログで使うことはできるのでしょうか?それとも、1ライセンス1サイトのような縛りがあるのでしょうか?

もちろん、複数のブログで使用できます。もし、1ライセンス1サイトのような縛りを設けているWordPressテーマがあったとしたら、GPL違反ですので気をつけてください。

めしおさんのブログ以外で運用事例を見ることはできますか?

下記、整体院のブログで使われている事例です。※掲載許可を得て公開しています。

理系ダイエット | 岡崎市でダイエットならB3ダイエット岡崎スタジオ

メシオプレス03自体をアフィリエイトすることはできますか?

できません。出回りすぎて「あれ?このデザインのブログさっきも見たぞ?」となるのが嫌なので、当ページのみでこっそり販売していきます。私はテンプレートを作って稼ごうとしているテンプレート屋さんではなくて、「自分で使いたいテンプレートを作ったので、同じものでよければどうぞ」的なスタンスで販売しています。ですので、出回りすぎるのは避けたいと思っています。

メシオプレス03を使って第三者のサイト制作を代行することはできますか?別途ライセンスの購入など必要ですか?

当ページをご覧いただいておわかりのとおり、メシオプレス03はデフォルトの機能・仕様のみであらゆることができるように設計しています。「誰かに作ってもらおう」というものではなくて、カスタマイズスキルのない人でも自分で思い通りのブログを作れるテンプレートです。

シンプルでカスタマイズを前提としたテンプレートとは違いますので、カスタマイズ代行・サイト制作代行目的でのご購入はお控えいただきたいです。自己利用のみを前提として開発・販売をしています。何かご要望があれば随時反映・バージョンアップしていくというスタンスです。

購入後のサポート体制について

メシオプレス03の設定・操作方法に関してご不明な点がありましたら、お問い合わせ専用記事のコメント欄よりご質問ください。原則、24時間以内にコメント欄にてお返事します。期限や回数の縛りはありません。

また、WordPress本体や使用推奨プラグインのバージョンアップにより、バグや不具合が生じた際には、メシオプレス03も無償でバージョンアップいたします。最新版をダウンロードページより、ダウンロードしてください。バージョンアップ情報はお申し込み時のメールアドレス宛にお知らせします。

対象外となるサポート

・PHPやCSSの変更が必要となるカスタマイズの質問
・各自で導入した外部ツール、ソフト、プラグインの使用が絡んだ質問
・WordPressの基礎、HTML、CSSなどWEB制作の基礎知識に関連する質問

上記に該当する質問をする可能性がある場合は、どうか購入をお控えください。双方にとって不満の原因になります。

機能追加、仕様変更の要望について

前述のとおり、個人的なカスタマイズの質問はサポート対象外ですが、「こんな機能・仕様をメシオプレス03にも採用して欲しい」という「要望」は随時受け付けています。

購入後に何か実装して欲しい機能がみつかった場合は、提案・要望として「理由」を添えてお申し付けください。次期バージョンアップ時に採用を検討させていただきます。ただし、提案内容が必ず採用されるわけではありません。必要な理由がよくわからず、「それって単なる自己満じゃないの?そんなことして何の意味があるの?」と思うようなものは採用を見送らせていただきます。

みなさまのご要望にお応えした新機能&バージョンアップ情報

2016年9月8日:メシオプレス03ver1.9リリース!
・テキストラベルショートコードを追加
・ボタンショートコードを追加
・フッターカラーの変更機能を追加
・記事ページのタイトルタグで記事名の後につくテキストをカスタマイズする機能を追加
・引用符風ショートコードを追加
・ソーシャルエリア下部ウィジェットを追加
・カテゴリーの説明欄にHTMLや画像が挿入できるように変更
・トップページの記事一覧数のみ変更できる機能を追加

2016年5月17日:メシオプレス03ver1.8リリース
著者(投稿者)アーカイブページの作り込み機能
著者一覧ページの作成機能
記事下に「この記事を書いた人」を表示する機能
著者一覧ウィジェットを追加
指定したカテゴリー記事の表示ウィジェットを追加
1カラム固定ページの幅を800pxと900pxの2種類から選べる機能を追加
カテゴリーラベルの色を任意の色に設定できる機能を追加
「アイキャッチ付き最近の投稿」ウィジェットにカテゴリー名を表示できるように変更
h2見出しのデザインをコンテンツ幅一杯に広げるように変更
ランキング縦ボタンにnofollowを付与できる機能を追加
レーティングマークに数字を表示・非表示させる機能を追加
丸矢印・三角矢印マークにインデントがつくオプションを追加
コメント欄のカスタマイズ機能を追加
アクセス解析用タグをbody用、head用を分けて併用可能に
吹き出しショートコードに吹き出し枠無しオプションを追加
Q&Aショートコードに見出し回答を付けるオプションを追加
セルフピンバック機能をデフォルトで停止
スマホ表示で画像の中央寄せを無効にしている場合、スマホ横倒しの幅(500px以上)にするとそれが解除されるように変更
ランキング横ボタンにnofollowを付与できる機能

2016年2月17日:メシオプレス03ver1.7リリース
スマホサイトのヘッダー固定機能
スマホサイトの固定バナー機能
トップページだけh1タグをテキスト表示させる機能

2015年11月17日:メシオプレス03ver1.6リリース
カテゴリーページに任意の固定ページを割り当てる機能
完全HTML5に対応
Twitter Cardsの設定、表示内容カスタマイズ機能
パンくず、head内の構造化データへの対応

2015年9月5日:メシオプレス03ver1.51リリース
特定の記事のアドセンス広告を非表示にする機能
PCのみ画像リンクをマウスオーバーする機能
指定した記事の表示ウィジェットで、今見ている記事と同じ記事は表示させない仕様に変更
ボックスショートコードに背景クリーム色を追加
同じカテゴリーの人気記事ランキングウィジェットで、今見ている記事を表示させる仕様に変更
メシオプレス設定・スマホ設定で、保存した時のタブを保持する仕様に変更

2015年7月7日:メシオプレス03ver.1.5リリース
トップぺージ記事一覧にアドセンス広告を設置できる機能
最終更新日の表示・非表示の選択機能
新着記事の見出し表示機能
管理画面のタブ化
吹き出しショートコードの追加
PCスマホ切り替えショートコードの追加
記事下アドセンスをPCとスマホで別々に指定できるように変更
記事下アドセンスの中央揃え選択を追加
スマホで「上へもどる」ボタンを追加

2014年11月25日:メシオプレス03ver.1.3リリース
固定ページのアドセンス表示・非表示選択機能
固定ページのブログランキング表示・非表示選択機能
固定ページのソーシャルボタン表示・非表示選択機能
固定ページ専用ウィジェットエリア追加
アクセス解析コードの貼り付け位置選択機能
「指定した記事の表示」ウィジェットに固定ページも選択できる機能

2014年11月13日:メシオプレス03ver.1.2リリース
記事中にアドセンスを表示する機能

2014年8月19日:メシオプレス03ver.1.1リリース
画像にスマホ対応の影を付ける機能
パンくずのカスタマイズ機能

利用規約および免責事項

使用許諾・ライセンス
本商品はWordPressのライセンス仕様に基づき、GPLライセンスに準拠していますが、同梱されている画像素材やCSSの著作権は株式会社アーネストウェブにあります。 画像やCSSを含めた本商品を第三者へ配布、転売、貸与、交換する行為は一切禁止いたします。

お願い
以下の内容を含むサイトでの本商品は使って欲しくないです。

・ツールで記事を自動生成しているサイト、ドアウェイページなどのSEOスパムサイト
・自作自演SEO目的の低品質バックリンクサイト
・クリック詐欺、騙しリンクを設置しているアダルト系サイト※1
・著作権、肖像権、パブリシティ権違反のトレンドアフィリエイトサイト※2
・特定電子メール法違反のメルマガ登録フォームを設置しているサイト

※1アダルト系サイトはクリック詐欺や、騙しリンクを設置していないサイトならOKです。
※2トレンドアフィリサイトは、著作権、肖像権、パブリシティ権を遵守していればOKです。

なお、本商品はGPLライセンスに準拠するため、これらを禁止しているわけではありません。テンプレートのイメージが悪くなるような使用は控えて欲しいという「お願い」です。ただし、メシオプレスを使って上記行為をしているユーザーさんに関しては、他の健全なユーザーさんの迷惑になりますので、バージョンアップ情報は配信しないなどの措置を講じます。

免責事項
本商品を利用して発生したすべてのトラブル・損害について、利用する者が全ての責任を負うものとし、当方は一切の責任を負わないものとします。

動作環境
WordPressバージョン:3.4以降
PHP(動作確認済のバージョン):5.3.3、5.2.17
MySQL:WordPressに準じます。
「wpXレンタルサーバー」はトラブル多発の原因となりますので、動作保証外とさせていただきます。普通のエックスサーバーがおすすめです。

対象ブラウザ
IE:8~10 / FireFox:25以降 / Chrome:31以降 / safari:6以降

メシオプレス03のお申し込み方法はとてもカンタンです。

下記のフォームより、お名前とメールアドレスを入力後、クレジットカード決済(PayPal)か銀行振込のいずれかを選択して、お申し込みボタンをクリックしてください。(参考:PayPalとは?


お名前
メールアドレス
支払方法


お申込み~商品の引渡しまでの流れ

クレジットカード(paypal)決済の場合

お申込みボタンを押すと、ペイパルの画面に移りますので決済を完了させてください。決済完了後すぐにダウンロードURLを記載したメールが届きますので、そちらのダウンロードページよりダウンロードしてください。

なお、ごく稀にですが、すぐに注文完了メールが届かない場合があります。その場合は「注文したのにメールが届きません!詐欺ですか!」と問い合わせせずに、しばらく待ってみてください。もし、注文から1日経過してもメールが届かない場合は、ご連絡ください。


銀行振込の場合

お申込みボタンを押すと、すぐに振込先情報を記載したメールが届きますので、7日以内に商品代金をお振込みください。楽天銀行の場合は振込手数料無料です。入金確認後、ダウンロードURLを記載したメールをお送りしますので、そちらのダウンロードページよりダウンロードしてください。

その他、メシオプレス03に関して、何かご不明な点がありましたらお気軽にお問い合わせください。

特定商取引法に基づく表記 | お問い合わせ